掲載日:2018/08/04

外部のダンス指導者(定行夏海先生)を招いて、「レッツ アフリカン・ダンス集会」を開催しました。

最初にアフリカとアフリカンダンスについて教えてもらいます。

まだ文字をもたなかった時代、太鼓の音が言葉の代わりとなり、生活のために必要な知恵を音楽として代々伝えていく役割を担ったとのことです。

今回は、ジャンベというアフリカの太鼓のリズム(録音)に併せて、アフリカンダンスのいろんな踊りにチャレンジします。この日は保護者も参加し、ともに汗を流しました。

ウォーミングアップ後、「稲穂をなでる動作」「稲を刈り取る動作」など色んな踊り(ダンスの素材)を習います。ダンスの素材を伝授された後は、組ごとに好きな素材を組み合わせて、ダンス作品をつくります。

隊列の作り方を工夫したり、ソロパートを作ったり、大きな声を出したり。随所に各組の工夫が込められた、楽しい作品を作り、発表してくました。

保護者も力のこもった作品を発表してくれました。

大音量の音楽に合わせて、思いっきり身体を動かし、とても楽しい時間になったのではないかと思います。

リーダー N.M.

カテゴリ: 文5について
掲載日:2018/07/14

今日は「DIPLOMACY」というゲームを題材にした集会です。

1900年代初頭のヨーロッパを舞台に、6か国の列強(1組〜6組)が、弁舌とスカウト技能を用いて、外交戦を繰り広げます。

ゲームの前に事前課題を発表します。組が選んだ国家の言語・地形・歴史や英雄についてスピーチします。

ゲームの地図版です。移動は組で話し合ったエリアをプロットして進めます。盤上の駒もスカウトの自作です。色とりどり!

駒が移動できるかどうかはロープワーク等の技能をクリアできることが条件!

「弓を引くポーズ」で60秒の静止に挑戦し、見事クリアできました。

最後は各国の獲得したエリアを発表しました。

国の名前やヨーロッパの地域の名前を肌で感じて、身につけることができましたね。

デンリーダー O. K.

掲載日:2018/06/17

5月12日と13日、カブ隊は舎人公園で春キャンプでした。

まずは今夜泊まるテントを設営します。くま、しか、うさぎスカウトが力を合わせて組み立てます。


上手に建てられたかな?


昼ご飯を挟んで、午後はポイントラリー。地図記号を見ながら、舎人公園の各所に設けられたポイントを探します。


ポイントでは習得してきたスキルを試します。日頃のトレーニングの成果が出て、できるようになってきました。


夕方にはカレー作り。初めて包丁やピーラーを手にするスカウトもいましたが、仲間に教えてもらい食材の準備も出来ました。

薪をくべて、かまどでご飯を炊き、カレーも作りました。


味は最高!いつもよりたくさん食べました!


夜はキャンプファイヤー。仲間と火を囲んで楽しいスタンツとゲームで盛り上がり、リーダーの話で自分を見つめ直しました。

テントの中ではしっかり寝ることが出来たかな?

翌日は国旗と隊旗掲揚から始まり、1日お世話になったテントをしっかり片付けました。

カブ隊では今後も楽しい集会が盛りだくさんです。

デンリーダー R.I.

掲載日:2018/06/06

文京5団カブ隊は、毎年4月に新しい組編成がなされます。

一つの組が7名前後の6組で編成され、組長を中心に一年間この組で活動します。

人数が多い文京5団カブ隊は、各組が競いながら、成長していきます。

集会の初めの開会式は、大きな輪を作ってから始まります。

今回の集会は、陣馬山にハイキングに行きました。

新しい組になって初めて本格的な野外活動!新しくメンバーに加わったうさぎスカウト(小学3年生)達は、くまスカウト(小学5年生)やしかスカウト(小学4年生)についていけるかな?報告した後、出発です。

途中、緊急時(熱中症)の対応を勉強!

登り始めは、疲れも少なく、列を崩さずに歩くことができています。

険しい上り坂を登り、頂上で報告です。

山頂で食べるお昼は、最高です!

ヤッホー、天気が良いので、気持ちが良いです。

疲れが出てきて、列が乱れてきましたが、組長が遅れたスカウトを待っています!適宜休憩!

タケノコなど自然が一杯です。自然観察も行いました。帰りの電車で復習!

当日、4月という夏日の中、スカウト達は、一生懸命歩きました。

文京5団のカブスカウトは、このように野外を中心に活動していますが、指導者も多数いるので、安全です。

デンリーダー S.K.

掲載日:2018/04/07

今日は、文京5団恒例のビックイベント「オーバーナイトハイク」です。

カブ隊は、立川から組ごとにまとまって歩き、40キロ先のゴール(後楽公園)を目指します。大人でも歩けるか不安です。

立川までは電車で行き、駅前の緑川公園で注意事項を聞き、出発です。

2キロごとにチェックポイントがあり、団関係者のエスコート車が配置され、そこで組ごとに報告し、お菓子をもらいます。スポーツドリンクも飲めますが、歩いてしばらくは我慢、我慢。

国道等比較的幅の広い道路を歩くので、夜中でも街灯があり、あまり暗くありません。赤信号では止まります。

出発から26.8キロ地点にある井草森公園で、15分程度休憩を取ります。

ここで団関係者、保護者の皆さんから頂く、暖かいココアやバナナ、サンドイッチ等でエネルギー補給します。

あと13キロ!

残りあと8〜10キロ地点。ここまで来ると体のあちこちが痛くなり、交差点赤信号で待っている間にストレッチです。

残りあと4キロ地点。眠くてあくびも出ます。この地点でのスカウトは元気がなくなっているけれどあと少し!

40キロみんなで助け合いながらのゴーール!一体感も達成感も最高潮!

ゴール後のうどんは美味しかった。団関係者、保護者の皆様ありがとうございました。

デンリーダー Y.O.